私学共済で損するな!保険と年金

私学共済互いに少しずつの掛け金を出し合い、困った時に助け合うという「共済」の精神。難しい時代を生きる私たちに必要なものなのかもしれません。
共済事業といっても、各種さまざまな共済事業が社会には存在します。その中でも、充実度が高いとされる「職域共済」の代表例「私学共済」をもとに、共済の給付についてまとめたのが本サイトです。
スポンサードリンク


私学 共済 「共済」の基本的概念

・定義としては「共同し、助け合いを行う」ということ。

・種類としては
※制度共済(県民共済・全労済)
※各種団体共済(JA共済・COOP共済)
※職域共済(私学共済)

・2010年の法改正により、保険法が適用され、ますます共済事業に対する関心が高まるものと予想される。


私学共済 年金 私学共済制度

・私立学校、つまり学校法人等に勤務する教職員が加入する共済制度。
・基本的には正規採用教職員が加入できるが、非正規採用者であっても常勤であれば加入することができる。
・私学共済は強制加入である。掛け金が安いわりには給付制度等が充実しているのがその特徴として挙げられる。

<PR>キャッシング即日振込OK【※今すぐ借入専門チャンネル】

私学共済 保険 日本私立学校振興・共済事業団

・私学共済については「日本私立学校振興・共済事業団」が運営している。
・共済事業はもとより、私立学校の経営・福利厚生サポート、各種相談を事業としている。また、学校法人に対し、資金の貸付・補助金の交付についても行っている。
・少子高齢化の中で、私立学校は経営が厳しい状況となっている。日本私立学校振興・共済事業団の役割は大きくなっていくだろう。


私学 共済 私学共済の医療保険

・私学共済では、特に医療保険が充実している。全般的に職域共済はその傾向が強い。
・教育界においては、近年、学級崩壊・モンスターペアレンツの出現といったような問題が多発しており、「心の病」「精神疾患」を抱える教職員が少なくない。こうした現状を踏まえると、やはり共済制度は重要であることは間違いない。