共済の基本的概要

共済事業の主な内容

ここでは、代表的な共済の種類について少しだけ詳しく見ていくこととします。

◎JA共済・JF共済
農家のために存在する「JA共済」。サラリーマン家庭とは異なり、天候によって収入状態が大幅に変わる農家にとって、こうした共済事業は必要不可欠だと言えます。
医療共済をはじめとして、終身共済や自動車共済といったように、農業者の生活を陰で支えています。また、慶弔共済といったような生活の「プライベート」な部分についても、相互補助できる体制が整えられています。

共済には「根拠法」がある

何か物事をなす時、そこには必ず根拠となる「法」が存在します。起業する時は商法等が必要ですし、生まれる時や死ぬ時でさえも、行政関連の法規に則って届け出を行わなくてはなりません。
人間、いや社会生活において、必ずといっていいほど法律が存在し、私たちを「支配」とまで言ってしまえば言いすぎですが、コントロールしていることだけは確かなようです。

「共済」の基本的概念

県民共済、COOP共済、JA共済に代表される「共済」。そもそも、共済とはどのようなものなのでしょうか?

「共済」の本来の意味は「共同し、助け合いを行う」というように定義されています。そこから派生し、加入者の対象を限定させ、保険事業を行うことを、共済事業と言うのです。以下に、その代表例をまとめてみました。