特定疾病療養受療証のメリット

私学共済 私学共済・・・。互いに少しずつの掛け金を出し合い、困った時に助け合うという「共済」の精神。難しい時代を生きる私たちに必要なものなのかもしれません。
共済事業といっても、各種さまざまな共済事業が社会には存在します。その中でも、充実度が高いとされる「職域共済」の代表例「私学共済」をもとに、共済の給付について説明します。
スポンサードリンク


特定疾病療養受療証のメリット

特定疾病療養受療証が、どうメリットのあるものなのか?本項でまとめていきたいと思います。実際にどのような給付を受けられるものなのでしょうか?

まず、先ほどあげたような慢性腎不全、血友病、エイズといった病にもしかかった場合、こうした特定疾病にかかったことを私学共済事業団が認定した段階で基本的には1万円、人工透析については2万円で済む格好となるのです。


つまり、月間で治療費が1万円もしくは2万円の「持ち出し」で済むようになるのです。これは相当に有利な立場だと言えるでしょう。一般的に人工透析は多くて年間400万円かかっていた時代もありました。そう考えれば、如何に大きな手助けとなるのかがお分かり頂けるでしょう。職域共済の強みでしょうね。


大病を患うことを前提に、私たちは生活しているわけではないのですから、そうならなければそれに越したことはありません。

ですが、聖職ともいうべき教育の仕事に携わる上で、目に見えないプレッシャーやストレスといったことは確実にその身体を蝕む恐れがあります。人間にとって、こうしたプレッシャーやストレスといった精神面での苦痛は、思っているよりも身体に重大な影響を及ぼしやすいものなのです。

そういった「デメリット」を助け合いの精神で防ぎあう、これが私学共済における医療保険の充実化と言えるでしょう。逆に言ってしまえば、それすらなかったらこんな激務につく方が減ってしまうことは間違いありません。

そう考えれば、こうした医療保険の充実差が、他業種の方々にもお分かり頂けるのかもしれません。もちろん、他の職域保険にも同様のことが言えるでしょう。