私学共済の医療保険

私学共済 私学共済・・・。互いに少しずつの掛け金を出し合い、困った時に助け合うという「共済」の精神。難しい時代を生きる私たちに必要なものなのかもしれません。
共済事業といっても、各種さまざまな共済事業が社会には存在します。その中でも、充実度が高いとされる「職域共済」の代表例「私学共済」をもとに、共済の給付について説明します。
スポンサードリンク


私学共済の医療保険

私学共済がなぜに優れているのか?この点を明らかにするためには、その内容を具体的に分析する必要があります。

他の共済でもそうですが、とりわけ私学共済は医療保険が充実していると言われています。ここでは、その医療保険を具体的に明らかにすることで、職域共済がどれほど素晴らしいものなのかを伝えていければと考えます。


業界話、という感もぬぐえませんが、よく公立大学から私立大学へ「転籍」される教授の方々がおります。
もちろん、ご自身の研究のため、さらなるステップアップを図るためという理由が大きいのでしょうが、私学共済の医療保険が充実しているということも、「転籍」の一因としてあるようです。給与水準がアップして、共済で受けられるサービスが同等かそれ以上なのならば、それは移りたくなるのも頷けます。


私学共済で受けられる医療保険は、病状次第によっては、手厚い給付を受給できることがあります。
当然、国民健康保険に加入したうえで、こうした共済からの給付を受けることができるわけですから、何か不測の事態があった場合、十分に生活していくことが可能です。

近年、心の病・精神疾患で教職員が診療機関を受診するといったことが多くなりました。もちろん、病状が深刻化すれば、こうした病に対しても給付の適用範囲となりますから、私学共済はやはり加入すべきなのです。

昔ならば、過労や生活習慣病といったところが教職員が診療機関にかかる、大きなところでしたが、今は症状がそれほどひどくならないにしろ、こうした精神的な疾患に悩まされる方々が多いようです。日本の教育界も大変なことになりました。