若年における私学共済のとらえ方

私学共済 私学共済・・・。互いに少しずつの掛け金を出し合い、困った時に助け合うという「共済」の精神。難しい時代を生きる私たちに必要なものなのかもしれません。
共済事業といっても、各種さまざまな共済事業が社会には存在します。その中でも、充実度が高いとされる「職域共済」の代表例「私学共済」をもとに、共済の給付について説明します。
スポンサードリンク


若年における私学共済のとらえ方

共済を切り替える、ということは私立学校に勤務しているのならば、まずできません。こうした職業共済では無理な話です。ですが、当然ながら職業を変える場合は別です。

私のように他業種に移るものはもちろんですが、例えば、私立から公立に移るということにおいても、やはり私学共済からの脱退ということはあり得ます。

私学共済と民間保険会社の保険で最も異なるのが、保険料率の差でしょう。私学共済は他のさまざまな保険料率よりも有利であるのです。こうした職業共済は加入しておいて、損はないのです。

もちろん、こうした点だけで職業を選択してはお話しにならないでしょうが、仮にあなたの選ぶ職業がこうした共済を重視しているのならば、まず、加入しておいたほうがよいでしょう。

つまりは、私学共済に加入してしまえば、民間事業者の保険に加入しなくともよい、というメリットが生じるのです。これは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。わずかな掛け金で広範囲にカバーしてくれるのですから。

それがいやだ、というのであれば話は別です。あまりそういった保険・共済にお金をかけたくない、といった若い教員の方々もおられることでしょう。

そうした方は、試しに民間の安い、それも必要な保険だけに加入すればよいのではないでしょうか?よくある話が、独身中は単体で自動車保険の任意保険に加入し、結婚後に私学共済に加入するというケースが見受けられますね。

確かに、若いうちに保険や共済に熱心になるのもどうか、という考え方もあるでしょう。それに、教員という職業を「腰かけ」と考えている方もいるでしょう。そういった方は無理して加入する必要はないと思います。